スケッチ

早稲田大学専門学校に入学したとき、ある先生から目で見るように、
対象を「手」で見るようになりなさいと言われました。
建築設計のトレーニングには、インプットもアウトプットも手を通す
ことが最適のような気がします。