ふるさと 風の家

「ふるさとの杜(もり)」に隣接して計画された「小規模多機能型居宅介護」の拠点となる建物です。 「通い」、短期間の「宿泊」、自宅への「訪問」により、住み慣れた家・地域での生活を継続しながら支援を受けることができます。 小高い丘の上に建つ為、奥出雲の山並みと庭が連続して見えます。 その風景に開かれた場所をつくることを意識しましたが、風景だけではなく地域へ開かれた場所に育っていくことを期待しています。

用途:小規模多機能型居宅介護
構造規模:木造平屋建
2016年4月
場所:島根県奥出雲町


























































写真撮影  岡田泰治(※一部宇田川撮影)