八川の家 / 畳cafe

雪深い土地に構える家なので、大きな屋根を架けわたしました。
屋根を支える軸組に必要に応じて壁や建具が取付られました。
間仕切りを兼ねた建具は引込戸とし、座敷は個別の部屋になったり、続き間になったり、使い方に応じて変化します。
一部はお店として使うこともでき、おおらかで地域に開かれた場を待つ住まいになりました。
それは、かつての農家や町屋が地域との関係で成り立っていたことを思い出させてくれます。
この計画を任せていただいた施主、一緒につくってくれた職人さんに感謝いたします。

用途:専用住宅
構造規模:木造2階建
2016年8月
場所:島根県奥出雲町

























































































































写真:大野 主税